スーパーPフォースって色々効果あるけど副作用は?

スーパーPフォースには2つの有効成分が配合されているため、それぞれ違った効果と共に副作用も別々に起こるようになります。ED改善に働くシルデナフィルは、血管を拡張することで血流を増進させることから、頭痛やめまい、顔のほてりなどが多く報告されています。これらは薬の作用によるものなので、効果が切れると自然と消滅するのが特徴ですが、他にも消化不良、鼻づまり、動悸、背中が張ったような痛み、筋肉痛、関節痛といったものもあります。大抵は軽度の副作用であり、後遺症となるような心配はありませんが、頭痛などの痛みが酷く、性行為に集中できないといった場合は、頭痛薬や鎮痛剤が有効なので併用すると良いようです。また、ごく稀にいつもより周囲が明るく見える、違う色に見えるなどの視覚異常が起こることがあります。頻度不明で起こる副作用で重篤な症状に発展することもあるので、視覚に問題が起こったら専門の病院で診てもらうようにしましょう。シルデナフィルには命に関わる併用禁忌の治療薬もあるので、服用前にはしっかりと確認しておくことが大切です。次に早漏防止に働くダポキセチンには、主に頭痛やめまい、下痢、吐き気、喉の渇きといったものが起こります。基本的に軽度な副作用が多いですが、ダポキセチンは元々抗うつ剤として開発されたSSRIで、自律神経に作用する薬であることから、精神的な面にも効果を発揮します。副作用は比較的少ないと言われている成分ですが、場合によってはうつ症状といった重篤なものに発展することもあります。ダポキセチン単体の臨床試験によって安全性は確認されていますが、シルデナフィルとの併用によってどのように作用するか、はっきりとしたことは分かっていないので副作用には十分に注意しましょう。