若者もスーパーPフォースを飲んでいる?

スーパーPフォースは勃起が上手くいかない、行為の途中で萎えてしまうといったEDの症状だけでなく、挿入から射精までの時間が極端に短い早漏症の人にも効果的な飲み薬です。ED治療薬として有名なバイアグラと同じ成分であるシルデナフィルと、早漏防止のために販売されているプリリジーと同じダポキセチンの2つの成分が配合された欲張りな錠剤となっていて、どちらか一方の症状に悩む人、あるいは両方に問題がある人に有効です。ただし、射精の時間に問題はなく早漏となっていない人が使用すると、逆に遅漏となってしまったり、いつまでも射精できないといった問題もあるので注意しましょう。こうした性機能の悩みは、中高年になるほど多いのですが、過去のトラウマなどによって極度の緊張を得てすぐに射精してしまう、女性の前では勃起ができないという人もいます。こういった問題を心因性のものとして、本来であれば精神科などでトラウマを克服するように治療をするのですが、回復までには非常に時間がかかるので、あえて治療薬で一時的な改善のために服用することもあるようです。精神的な原因は年代に関係なく起こるもので、非常にナイーブな問題と言えます。スーパーPフォースを使用すれば若い頃のように、力強い勃起ができるということから中高年の間で使用されることが多いですが、年を取らなければ利用してはいけないわけではないのです。克服するまで性行為が行えなければ、自分がダメな人間だと意識して悪化することもあるので、こういった気分を克服するために20代からでもスーパーPフォースを使用する人も少なくありません。近年では10代や20代で早漏となる人も多く、費用が安く済むスーパーPフォースなら手軽に利用できることから若い使用者は多いようです。